1997年01月

1997年01月31日

アルバム「roka」

 今日、遊佐未森さんのニューアルバムを探しに町へ出た。発売日の前日ではあるが、過去の経験からして前日に店頭に並んでいる確立は非常に高い。その思いを胸に、アルバムを予約した店へと急いだ。
 店に到着して、カウンターへと向かう。予約したときに控えとしてもらった紙を差し出すと、店員のおねえさんは一枚のCDを提示して確認をしてきた。それは、まぎれもない「roka」であった。小生は、喜び勇んで自宅への道を急いだ。
 早速、表紙を眺めてみる。SCDのジャケットと同じ撮影場所で撮影したであろう写真に一本の虹が付け加えられていた。中の写真もみてみると、一曲目から5曲目までの写真は一本の道を遊佐さんがだんだん近づいてくるようになっている。ほかの写真も、きれいに取れているが、中でも『アネモネ』のところに写っている遊佐さんが印象的であった。
 「roka」の中で、小生が気に入った曲は、まず『ロカ』である。アルバムを聞きはじめるにあたって、とても入りやすい曲ではないかと思う。とくに、さびの部分の「〜、はっ!、〜」という合いの手(?)などは、思わずのってしまいそうになる(笑)。
 次に『クローバー』。これはシングルでは英語で歌われた曲である。小生自身の意見としては、英語の歌詞の方がメロディーにあっていると思う。しかし、これは最初に英語で聞いたからかもしれないが・・・。
 それから、『ハモニカ海岸』。この曲も、とてもゆったりと流れるメロディーがとても気に入っている。
 そして、『テーブル・エンド・エンジェル』。この曲の歌詞は、紅茶ずきの小生にとって理解しやすいものであった。くわしくは、『紅茶のちょっといい話』を見ていただけば理解してもらえると思う。
 最後に『アカシア』。この曲も、静かな曲で、歌詞も、メロディーもいい。また、過去の遊佐さんの曲にはない歌いかたではないかと思う。
 アルバム全体を通していえることは、「ん?、どこかで聞き憶えのある曲だなー」ということである。じっくり考えてみると、これは今までの遊佐さんが出してきたアルバムの中に似たような曲があるのである。しかし、だからといってこのアルバムが2番煎じであるわけではない。過去の遺産を受け継ぎつつも、あらたな世界を築いているのである。いよいよ、3月のコンサートが楽しみになってきた。

chinomaki at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) CD 

1997年01月22日

シングル「ハモニカ海岸」

 昨日、予約していた「ハモニカ海岸」が入荷されたことが留守電に入っていた。そして今日、大学の講義の後、雪の中車を走らせCDSを購入してきた。そして、そのデザインをまず見た。この風景は、植田正治氏の秘密の場所である事が分かる。
 CDSを取り出し、CDウォークマンにセットして再生ボタンを押した。まずは『ハモニカ海岸』。ピアノのゆったりとしたメロディーが流れてきた。小生は、ここ最近遊佐さんの曲を聞いていなかったので、久しぶりに聞く声はとても透き通って小生の心も洗われるようである。全体を通してとても遊佐さんらしい(といっても、言葉では説明できないが)曲であると思う。しかし、この曲のさびの部分を聞いて「アカシア」の『虹を見ること』を思い出したのは、小生だけだろうか?
 2曲目は『クローバー』。英語ヴァージョンと書いてあるということは、アルバムでは日本語ヴァーバージョンなのだろうか?、楽しみである。この曲も、ピアノのみのメロディーで、遊佐さんの声がとてもきわだっていると思う。小生には、このメロディーは、子どものころに聞いた外国の曲のようだと思う。誰だったろうか?タイプ的には、「水色」の曲に近いものがある。これが、アイリッシュミュージックというものなのだろうか。
 どちらの曲も、小生にとって満足のいくものであった。これから出るアルバム「roka」にも十分な期待が持てるのではないだろうか。

chinomaki at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) CD 
Recent Comments
Recent TrackBacks
MAIN HOMEPAGEへ
QRコード
QRコード
Amazon.com