2004年12月13日

好きな曲

今月、東京でコンサートがあるんですけど、チケットを買う暇もなく、行く暇もないので断念。
ここ数年、CDは買っているのですが、空耳倶楽部の更新忘れて期限きれちゃったり、入りなおす時のお金の振込みが郵便振込みなので、行くのが億劫おあのとで放置してしまっていたり。
ということで、ネタもないので、私の一番好きなCDでも。

それは、「ONE」です。CDシングルで発売されていますが、アルバムにはベスト版にしか入ってないかもなのですが、詩が好きなんですよね。。

人は一人きりで生まれてくるし、死ぬときも一人。だから、愛しくなるし、会いたくなるしという感じで、けっこうはまると泣けてくるんですよね。。


ONE

chinomaki at 14:28│Comments(6)TrackBack(0) 雑記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by water-blue   2005年02月24日 01:59
初めまして。
なんとなぁくパソコンいじってたら、ここに着きました。
10年以上前に遊佐未森に魅せられた者です。
高校の時、昼休みに放送部がかけたのか、なにげなく「ONE」が流れてたんです。その時(これって遊佐未森かなぁ)って、なぜか直感で思ったんです。その前から遊佐未森と言う名前は知っていましたが・・・。今でもその時の直感が不思議でなりません。
その後、必死でその曲を探しました。でもアルバムを揃えても「ONE」にはたどり着きませんでした。それもそうですよね?当時は「水色」が発売された頃だから、どのアルバムにも「ONE」は入っていなかったんですよね。でも、集めたアルバムを聴いているうちに、遊佐未森の虜になりました。その頃は「緑の絵」が好きだったかなぁ・・・。
でもどうしてもあの曲が気になっていました。半分諦めかけていたある日の事ですが、友達が遊佐未森のCDをくれると言うので、持ってきてもらいました。その友達は別に遊佐未森のファンでもないのに、なぜか数枚持っていたんです。それを遠慮なく頂き、帰って聴いてみました。
そしたら・・・そうです!あの曲だったんです。涙が出るほど嬉しかったです。
長くなりましたが、これが私と遊佐未森の、「ONE」との出会いでした。
たまたま「ONE」の話題が出ていたので、書き込ませて頂きました。
それでは失礼致します・・・。
2. Posted by ちのまき   2005年02月24日 09:23
わー、初コメントだー。いらっしゃいませワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
ONEは、ベスト版にしか入ってないんですよね。シングル版も絶版のはずなので、
手に入れられて、ラッキーでしたね(`・ω・´)シャキーン
緑の絵もいい曲ですねー。なんとなく、遊佐さんの曲は、今のよりも昔の歌のほうは
強い印象が残っています。学生時代だったから、ずっと聞いていられる時間があった
からですけど。

とにかく、ご来訪ありがとうございます。ほんとに気まぐれにしか更新しませんけど、
また機会があったら覗きに着てください(*゚ー゚)
3. Posted by water-blue   2005年02月26日 01:51
こんばんは。water-blueです。
先日書き込みをしたのが気になり、またお邪魔させて頂きました。
遊佐さんについて語り合える場所が見つかり、嬉しく思います。
「ONE」はベスト版にも入っていますが、シングル版をずっと聴いていたせいか、個人的にはシングル版の方が好きです。微妙な違いですけどね。
今日、久しぶりに「ONE」を聴きましが、震えが来るところは変わりませんでした。

「人は巡り合って いつか好きになって
 時は短すぎて だけど止まれなくて…」

この辺で何か込み上げるものがあります。
名曲ですよね?
好きな曲って、何度も繰り返し聴いてしまいがちですが、この曲に関しては、あえて封印して大切にしたい、聴き慣れ過ぎて感動が薄れてしまわないように・・・。そんな曲です。


ところで、以前から思っていたのですが、アルバム「瞳水晶」の中の「Destination」の詩に

「小さな川に 沿って歩いてゆく
 いつかめぐり逢う 海にひかれて」

と、ありますが、この詩は遊佐さん本人の曲の変化に似ている様な気がするんです。と言うのは(小さな川は、森を流れ、町に出て、そして海に辿り着く)デビュー当初から数年間の遊佐さんの曲って、どちらかと言えば(森)をイメージする曲が多かったと思いませんか?それが「水色」あたりから(海)をイメージする曲が増えて来たと思うのですが・・・。「アルヒハレノヒ」なんかは、完全に海を連想させられるアルバムですよね?
勝手な意見ですが、密かに感じていた事をここに書き込ませて頂きました。

長くなってしまいましたが、遊佐さんの話題でしたらまだまだ沢山あるので、また覗かせて頂きたいと思います。
では、失礼致します。
4. Posted by ちのまき   2005年02月28日 11:48
またまた、コメントありがとうですー('▽')
「ONE」のベスト版は、確かにアレンジされてますね。けど、どっちも好きです。
あと、カップリングの「たったひとつの」も私は大好きです。

遊佐さんの曲の変遷に関しては、いろいろ言われてたような気がします。
最初は、モザイク以降、本人の書く詩が多くなってきたと思いました。

あと、よく言われるのは、モザイク以前は、「君と僕」だったのが、以降は
「あなたとわたし」という言い方に代わっていったということですね。

その分岐点が、水色だったり、モザイクだったりなのだと思います(*゚ー゚)
5. Posted by water-blue   2005年03月01日 02:05
こんばんは。
「たったひとつの」もいい曲ですよね!

「君と僕」から「あなたとわたし」への変化は気付きました。個人的には「君と僕」の言い方の方が好きなんですケドね・・・。

あと、以前は帽子をよくかぶっていたと思うのですが、いつからかあまりかぶらなくなりましたよね?これも何かの変化なのでしょうかね?
少年っぽいイメージから、女性らしくなったと思います。

6. Posted by ちのまき   2005年03月01日 10:11
わりと昔からの遊佐さんファンも、「君と僕」時代の歌を好む方が多いと思います。
「僕の森」とか好きな人はかなりいるはずです。
コンサートに行っても、スタンディングが起こり始めるのは昔の曲を歌い始めてからの方が
多いかもですねー。

けど、わたしは、コンサートは、基本的に座ってゆっくり聞きたいので、あまり立ち上がりませんが。。

髪を伸ばし始めたのは、「アルヒハレノヒ」前後からだったかなぁ。兎に角遊佐さんが、いろいろな
事に自分で挑戦し始めたころだったと思います。

けど、確か、遊佐さんは、ハードロック系だとおっしゃる方もHPで見たような気がします。
基本的に大きなコンサートホールよりは、ライブハウスでのライブの方が好きな方みたいですしね。

ではでは(=゚ω゚)ノ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
MAIN HOMEPAGEへ
QRコード
QRコード
Amazon.com