1998年05月24日

コンサートツアー「ECHO」 in NHKホール

 コンサートツアー「ECHO」にいってきた。場所はNHKホール。降りしきる雨の中たくさんのファンがホール前に集っていた。小生はでがけにチケットを持つのを忘れて一駅目に気づき大急ぎでうちに戻ったが、なんとか開演時間には間に合った。さらに、途中でNHKホールではなく、代々木運動公園の人波に流されて場所を間違ったりしたが。。
 さて、コンサートの内容であるが、今回は、曲順を覚えてくるのを忘れてしまった。。思い出すだけ思い出すと。「ECHO」の曲はすべて歌ってくれた。
 順不同(思い出し次第修正)

  - 第一部
 1.「エコー」
 2.「ラララ」
 3.「ミラクル」
  -MC-
 4.「バースデイ」
 5.「ミント」
  -MC (メンバー紹介)-
 6.「地図を下さい」
 7.「水の中」
 8.「オーロラ」
 9.「The Road to Nowhere」
  - 第二部
 10.「水夢」
 11.「銀の砂 金の星」
 12.「虹を見ること」
 13.「レモンの木」
 14.「咲くといいな」
 15.「Happy Shoes」
  -MC-
 16.「タペストリー」
  - アンコール
 1.「Floria」
 2.「エデン」
 3.「つゆくさ」
 。。と、思い出せる限りかいてみたが、あと数曲抜けているはずである。(押川浩教氏のおかげで補足できました)全体の感じとしてはとても、よくまとまっていたのではないだろうか。「エコー」で、静かにテンポよく始まり、青い光で包まれる遊佐さんが、真ん中に現れる。「バースディ」では、楠氏とふーこさんと遊佐さんの3人で軽快に歩き回ったり。後半では懐かしい曲も歌いつつ乗りがよくアップテンポであった。そして、最後にま静かになっれ幕を閉じる。。「エデン」が終わってカーテンコールの時、遊佐さんはマイクなしに静かに歌った。「つゆくさ」である。みんな静かに聞き入る。遊佐さんの10年の思いが込められた歌。わたしは、」心の中で口ずさんだ。
 とにかく、今回のコンサートはよかった。10周年。小生のファン暦も10年。長いようであっという間のことである。これほどファンでいられるっていうことはよほどの事だと思う。ほかにも歌は聞くがここまで、長くファンでいる歌手はいない。それほど小生にとっては思い入れの深い人なのである。
 さて、コンサートの話に戻ると、今回のコンサートの話の中で、ふーこさんはCM暦が長いという話を聞いた。あの、カルビーの「ア・ラポテト」とか、カルビーの最後の「カルビ〜♪」というのをやっておられるそうな。はじめて知った事実であった。それから、今回はパーカッションに楠均氏も参加していて、のりのいいパーカッションがとても印象的だった。
 遊佐さんは、最初の服装はグレーっぽいワンピース姿。途中でパンツ姿になって、最後は赤いワンピースでスカートの部分の後ろがちょっと色が違っていてひらひらしているのであった。遊佐さんの年はいわないが、小生よりは年上である。が、それを感じさせない若々しさがあって、その点もよかったと思う。
 最後に、NHKホールって音響とかライトアップ技術とか結構よいと思った。あの、手前に薄い膜をおろしてライトで照らすのとかにちょっと感動したのである。最後の曲を歌い終えて前に残った遊佐さんに星が集まってくる。。そんな風にわれわれも集まって行きたいと思う。

chinomaki at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) コンサート、イベント 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
MAIN HOMEPAGEへ
QRコード
QRコード
Amazon.com